SL500 (W230) エアーバック 修理  

SRS  /  SIR      レストレイントシステム

AB  エアーバック

* メルセデスベンツ SL500 (W230)

トラブル症状確認   △ABインジケーターランプ点灯   液晶画面に故障メッセージ表示

YD-TOPではベンツ専用診断機DASを使用します。

dscf00008062401.JPG

ショートテスト(装備されているすべてのコントロールモジュールとアクセスして情報を得ます)

dvc0008062402.JPG

ちなみに、この車輌には20個のコントロールモジュールがあるようです。

備) 「f」「F」 フォルト 故障を認識している事を表しています

 

エアーバックモジュールに直接アクセスして

モジュールが認識している故障コード読み出します

故障コード B1859 と B1860 を故障として認識しています

(構成部品のR12/13 と R12/14の不良)が故障原因の候補に挙がりました

 

構成部品の配置や  システムの概要を把握します

dvc0008062403.JPG dvc0008062404.JPG dvc0008062405.JPG dvc0008062406.JPG

ステアリングのABパッドもしくは パッドとモジュール間のハーネスに問題があるようなので

裏づけを取るための証拠集めをして、実際にどこの不具合なのか絞り込みます。

dvc0008062407.JPG dvc0008062408.JPG

各、部品を単体で、実際に測定した数値から、良否をしていきます

あらっ  パッドの内部抵抗もハーネス間の抵抗も規定値内です。 とゆう事は、現在異常なし。

・部品を組み付けた状態の時だけ発生する接触不良などの、突発的なトラブル

・コントロールモジュールの一時的なバグリや、故障

などなど、考えられますが

dvc000080624010.JPG dvc00080624011.JPG dvc00080624012.JPG dvc00080624013.JPG

サービスマニュアルでインフォーメーションを参照すると、今回の苦情にビンゴで当てはまる項目がありました。

「コネクターの故障」  補修用のリペアケーブルもすでに、準備されてるようですね。

 

dvc00080624015.JPG dvc00080624014.JPG dvc000080624016.JPG dvc000080624017.JPG

「コネクターの故障」ってどこが、どうだめなんでしょうね?

実線はまず問題ないでしょうから、実線と接続ピンの結合方法か ピン自体の品質不良でしょうね?

「あっ やっぱり!     原因がはっきりしました。」

現物修理でもいけそうですが、

命を守る安全装置だという事と、部品代がそんなに高価ではなにので

今回は、少しでも信頼性のある対策部品への交換がいいでしょうね。

 

とりあえず、サラっと基本的な作業の流れをアップしてみました。

個人個人の考え方や経験で、多少 作業順序や処理の方法に違いはでますが、

診断機とサービスマニュアル、そして情報が整っていれば、素早く正確な診断が出来る事がわかると思います。