ALFA ROMEO 155  

アルファ ロメオ155 エアコン修理

09060111.JPG 09060122.JPG

 

△エアコン不良  (冷風が出ない)

という不具合でのご入庫です。

 

冷えない原因としてはガス漏れです。

注)ガス漏れはトラブル(故障)です!

 

1年に1回補充するというのは当然ではありません。

 

きちんと修理しないと、結局は後々に高額な修理代がかかる事になります。

 

 

まずはガス漏れ箇所の特定です。

前回の点検時にグロー液を注入済みなので、楽に確認と特定ができました。

0906013.jpg 0906014.jpg

UVランプで照らすとグロー液(蛍光剤)が光る。

 

コンプレッサーからと (写真左)

高圧ホース/パイプからの漏れです。(写真右の赤丸部分)完全に腐食しています

 

まずは、ホース/パイプから修理していきます。

残念なことに、日本では部品は欠品。 本国でも生産終了・・・

では、造ってしまいましょう。

0906016.JPG 0906017.JPG

通常のホースなら

・角度(ストレート/45度/90度)

・太さ (基本的には3種類)

・ピッチ(ネジ山 ミリ/インチ)

汎用のフィッティングを選択して

ホースの長さを合わせれば、簡単に造れます。

09060114.JPG 09060115.JPG 0906116.JPG

09060117.JPG 09060118.JPG

ただ、今回は交換するホースの形状が特殊だったので

少し手間がかかりました。

0906018.JPG

オリフィスチューブ* を装着する部分だったので、汎用のフィッティングが使用できません

 

*(通常「エキスパンションバルブ」という冷却効率にとても重要な役割を担うパーツ)

 

いくつかの選択肢のなかから、今回は現物修理でやることにします。

0906019.JPG 09060110.JPG

腐食してガス漏れしていた接続部のねじ山部分の修理です。 (写真右の左の黒丸部分)

・トヨタ/マーク2(GX71系)のコンデンサーの接続部リペア用のパーツを流用して、溶接で交換します。

 

カシメるときに返しになる部分の交換 (写真右の右の黒丸部分)

・日本メーカーの部品はそうでもないけど、外国製だと返しのツメが甘くて、

すぐにガス漏れしてしまうことが多い。

今回のように、現物を修理する時は、汎用のフィッティングの返しの部分を移植する。

09060113.JPG 09060112.JPG

オリフィスチューブを新品に交換して出来上がり。

p1020062.JPG 09060119.JPG

「豆知識」 オリフィスタイプのエキパンを使っているメーカー、例えばGMやフォード、ボルボなど・・

互換性ありで、品質に差がないんだけど、値段が各メーカーや車種によってバラバラです。

なら、1番安いメーカーのを使用したほうがお得ですね

今回はデルコ製を使用です。

 

 

次はコンプレッサーの修理です。

サンデン製で、  シャフトシールからのガス漏れなので

・現物修理(シールの交換のみ)

・現物O/H(分解、洗浄、シール類の交換、メカニカル部の調整)

と、修理方法はありますが、

 

お客様さまと相談の結果

新車で購入し、すでに走行距離10万キロを越えいるし、まだまだ乗り続けたいし

心配のないようにという事で

新品コンプレッサーでの交換になりました。

09060120.JPG 09060121.JPG 090601221.JPG

交換は、というと・・・結構タフでした。

p1020146.JPG 09060123.JPG 09060124.JPG

真空引きガスチャージをして

冷え冷えを確認できたら

ロードテスト後に再度、漏れの点検をして

修理完了です。

09060125.JPG

 

とても、オーナー様に愛されている 幸せなアルファロメオ155です。

日本中を155で走り回っているようです。

奥様の75と一緒に

これからも沢山の思い出を、つくっていくことでしょう。

 

−YD-TOP−