作業の流れ

ステップ1:問診

お客様の苦情、不具合の状況を十二分に把握します。

YD-TOPでは、いつ購入されたか? 他に所有のお車の車種や、時には以前所有の車種をお聞きする時もあります。意味あるのって顔されながらも・・・ 故障原因の特定は推理と裏づけです!出来るだけ多くの情報を元に不具合箇所と不具合を起こした原因をイメージし推理します。このイメージ創りが旨く出来ると無駄なく正確なトラブルシュートができ、修理工程でプラスアルファな処置と今後のサービスアドバイスが出来るからです。

ステップ2:トラブルシュート(原因追求)

診断機での点検

各コンピュターに記憶されている故障コードを読み取ります
パワートレイン関係/ボディーシステム関係/シャシー関係/インストロメント、その他各モジュール全部です。

近年の車はほとんどがコントロールモジュールによってプログラム制御され、キャンバスラインでシステムリンクされているため、システム全体を見渡してから絞り込む必要があります。思わぬ所にヒントが隠れていたり、なぞが潜んでいたりするからです。そして、無駄な点検時間を省き、誤診をしないためにサービスマニュアルで各メーカーの故障事例技術変更を参照し、システムの概要と各エリアや各部品の点検方法をしっかりと把握します。数多く予想される故障原因を絞り込こみ、確実に特定します。

ステップ3:修理

現物修理

オーバーホールや補修修理、もしくは応急修理や改造

部品交換

純正部品や社外部品、対策部品やカスタム部品、もしくは中古部品

同時に予備整備として、修理や交換した方がいい部品などメリット・デメリットを分かり易く説明し、出来るだけ多くの選択肢やアドバイスを提供し、ご予算や今後のメンテナンス予定などを含めベストな方法を一緒に考え処置します。

ステップ4:お客様の喜びの笑顔

お客様の喜びの笑顔をもらえる様にYD-TOPは日々努力しています。