ポリシー「プロフェッショナルの定義」



「我々プロにお任せ下さい」「プロのクセに」

そんな言葉をよく目にし、耳にします。

『プロフェッショナル』

検索してみると

・プロフェッショナル=専門家。本職。プロ⇔アマチュア

・プロフェッショナルとは、

「高度な知識と技術によってクライアントの依頼事項を適えるインディペンデントな職業」

ん?おおざっぱな言葉のような、難しい言葉のような・・

我々小規模な町工場でもお客様の依頼を受け、作業をした報酬としてお金を頂いている以上プロです。

YD-TOPのプロフェッショナルの定義を考えて見ました。

YD-TOPにいらっしゃるお客様も様々です。

  • 車が好きで、常にベストコンディションを維持していたい方
  • あまり車には興味がなく、メンテナンス出費にも関心なく所有されている方
  • いい物、いい仕事には出費を惜しまない方
  • 内容にはこだわらず、不完全な修理をしてでも出費を抑えたい方
  • 故障なのか、操作ミスなのか、修理が必要なのか?どうしていいかわからない
  • 修理やカスタムでやりたい事はたくさんあるけど、どれから手をつければいいのかわからない

そういったお客様に対して我々プロはプロとしてどう対応すべきか

不安や期待を抱きながら依頼や相談をしてくるお客様に対し つい専門用語や難しい横文字を並べて我々プロと同じ目線で説明し、固定概念から一方的な修理方法を 提供しがちですが様々な考え方や要望があるのなら様々な修理方法があってもいいと思います。

本職ではないお客様に、難しい言葉やシステムを分かりやすく簡潔に説明し、 不具合を解消するために、どうすればいいのか。

要望通りの作業をするにあたって、どうゆうメリット、デメリットがあるのか 快適なカーライフを送るために、どうゆうメンテナンスやカスタムをしていけば良いのか。

高度な知識と技術で、できるだけ多くの選択肢を考え、提供し
ご予算や用途に合わせたベストな方法で、依頼事項を適えていく事

が YD-TOPの目指すプロフェッショナルの定義です。