シャシー系

メカニズムの知識だけでクルマをメンテナンスできた時代は、過去のもの。

近年、車のエンジン、ミッション、ボディー系制御システムが著しく進化しています。

高度に進化したデジタル機器に近い存在と言っても過言ではないでしょう。
車両には複数のコンピューターが装着されており、お互いの情報を交換しながら成り立っています。
そのメンテナンスや修理には 専用の診断ツールが必要になります。(診断機や測定器など) そして使いこなすために メカニックの、深い知識を含めた技術向上が必要になります。

ひと昔まえの「勘」とか「独自の常識や、かたよった知識または経験などに頼った診断は 誤診をしたり、トラブル原因の特定を遅らせるだけではなく、車輌側に新たな故障原因となるダメージを与えたり、最近多い 「修理工場で、いじくり壊す」という最悪な結果をまねきます。
そのメーカー及びその車種に対しての正確な知識と、本国からの最新の情報をベースに、今まで培った技術力がプラスされ確実な診断が可能になります。
YD-TOPは常に技術向上を目指し、日々進歩できるよう心がけています。

ベンツ500SL (W107) ABSの修理

M,BENZ  500SL  ABSの修理     不具合 △ABSシステムが不特定に誤作動する。 ...

ベンツE320 (W211) サスペション修理

M,BENZ E320(W211) サスペション修理 不具合① △ブレーキングをきっかけにハンドル...